紙1枚

100円の罰金は・・・

こんにちは。

マインド・シフト®️コーチの宮本園えです。

今日はあるお話しをすこし・・・

ここは、とある私立女子高校。

忘れモノばかりする生徒に、
担任の国語の先生が課したのは、
100円の罰金。

そこだけ聞くと、
なんてこと?

教育現場で罰金!
って思いますか?

実は、

罰金を課したのは、
残念だけれど、
今時の子たちに、
一番こたえるのがお金だから。

大人でもそうですけどね。(苦笑)

そして、その先生は、
1年間で集まった罰金に、
ポケットマネーをブラスして、

学年末に近いバレンタインに、
全員に素敵なチョコレートをプレゼント。

「女性から男性へという日だけれど、
素敵なあなたには、
僕からあげたい!
って
言われるような女性になりなさい」

というコメントをつけて。

ちょっと粋な話だと思いませんか?

これを何年か続けていたある年の途中、
『生徒から罰金を巻き上げてる、
フトドキな教員がいる!」と、
父兄からクレームが入り、
その先生は、罰金をやめました。

最近、
いろいろなことが、
メデイアで取りざたされていますが、
まだ、不確定な、
たったひとつの事実を、
なんたること!
と、糾弾するような風潮に、
ちょっとはてな?と思います。

特に教育現場。

たしかに、
こう言っては何ですが・・・
ちょっと、それ、いかがなもの?
というような先生も、
たくさんいらっしゃいます。
(現場経験者ですから、知っています。苦笑)

そもそも、採用の仕組みに、
モノ申したい!んですが。
その話は、またゆっくり!

どうも、メデイアは、
面白いネタになるように、
『街の声』を誘導しながら、
煽っているような気がしてなりません。

事実をきちんと捉えて、
自分で考える。
そんな人にワタシハナリタイ!

・・・のお仲間募集です。
方眼ノートで考える講座
お待ちしています!

頭がいい人は、なぜ方眼ノートを使うのか?

 

 

 

 

 

 

そうそう、
その先生は、その後、
100円の罰金はやめて、
『薔薇』とか『檸檬』という漢字を
100回書く!とかの罰?に変えたそうです。
これも体罰かしらねー?(苦笑)

約30年くらい前の実話です。

もちろん、今は、そんなこと、
多分最初からできない話ですね。

こんなことを、
メルマガでも配信しています。
よかったら、
ご登録いただけたら嬉しいです。

メルマガ:ほぼ日刊「楽脳新聞」

ピックアップ記事

  1. 3時間楽しくて、あっという間で、びっくりした!
  2. 「しつもん」を通して・・・
  3. いよいよスタート!すごい!読書感想文教室。
  4. 高校生にも魔法の質問
  5. 誰に向けて?

関連記事

  1. 紙1枚

    もっと早く知りたかった!

    昨日は、地元のPTA関連の研修で、「親のための読書感想…

  2. 紙1枚

    いよいよスタート!すごい!読書感想文教室。

    7月になり、夏休みを心待ちにしている子どもたち。・・・とは…

  3. お知らせ

    まだ間に合う!だけじゃない読書感想文!

    夏休みも終盤にさしかかり、あ〜〜!宿題が〜〜!と、頭を抱える子…

  4. 紙1枚

    再現できるワケ

    このところ、スコーンとかピザとか・・・教えていただく機会に…

  5. しつもん

    話すことで解決することもある!電話相談。

    いくつかあるお仕事のひとつが、電話相談。&nbsp…

  6. マインド・シフト®

    どう考えても手帳様サマ!

    恐ろしいほど・・・・!彼女の言葉を借りれば、恐ろしいほど!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

PAGE TOP